*

九星術の起源~後天定位盤~

前回、『九宮』という記事の中で出てきた「後天定位盤」。
五黄(5)が中央にあるこの配列は、各九星の本来の場所であると
いうことをお伝えしましたよね。

この盤ですね↓

後天定位盤

古代中国の伝説で、夏王朝を創始した禹王が、
洛河(洛水・黄河の支流)を通りかかった時、
河から神亀が現れたそうです。

その神亀の甲羅に一から九までの不思議な紋様があることに
気づきました。

「九を戴き一を履み、左は三右は七、二と四を肩とし、
 六と八を足とし、五は中央にあった」

洛書

これは後天定位盤ですね。
これが九星術の始まりなんです。

もうお気づきだと思いますが、これは魔方陣になっていますよね。
タテ・ヨコ・ナナメ、どの列の合計もすべて15になります。

この不思議な魔方陣、「後天定位盤」が九星術の基本です。
運勢をみるにも、時を見るにも、すべてにおいてベースとなる盤です。

 
 
後天定位盤

この形、そのまま覚えてしまいましょう♪

2013/06/03 | 九星術

関連記事

新着記事

傾斜とは

傾斜とは

傾斜というのは、「九星の傾き」のことです。 生まれ年の九星が、生まれ月...

記事を読む

九宮とは

九宮とは

九星が巡る部屋のことを、九宮といいます。         九つの部屋(...

記事を読む

九星

九星

九星とは一白~九紫までの九つの『氣』を表す星のことで、 この星は天体の...

記事を読む

五行の関係

五行の関係

  五行の関係の種類は大きく分けて2つあります。     一つは、相性...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

傾斜とは
傾斜とは

傾斜というのは、「九星の傾き」のことです。 生まれ年の九星が、生まれ月...

九星術の起源~後天定位盤~
九星術の起源~後天定位盤~

前回、『九宮』という記事の中で出てきた「後天定位盤」。 五黄(5)が中...

九宮とは
九宮とは

九星が巡る部屋のことを、九宮といいます。         九つの部屋(...

九星
九星

九星とは一白~九紫までの九つの『氣』を表す星のことで、 この星は天体の...

五行の関係
五行の関係

  五行の関係の種類は大きく分けて2つあります。     一つは、相性...

→もっと見る

PAGE TOP ↑